自己破産は弁護士に依頼しよう【ある程度判断をしてから依頼】

知っておくと役立つ

電卓

理由によって違う

慰謝料は、精神的な損害を負った人に対して加害者側が金銭で支払う損害賠償です。民法上の不法行為責任の他に、債務不履行責任の場合にも認められます。慰謝料といっても幅が広い概念であり、相場がいくらであるかはそれぞれの事情により異なります。代表的な慰謝料が問題となるケースは、離婚や交通事故などです。離婚の慰謝料の相場は、その原因によっても異なります。相手が不貞や浮気をした場合は100万円から500万円、暴力が原因の場合は50万円から500万円、悪意の遺棄の場合は50万円から300万円と言われています。開きがあるのはケースバイケースで裁判所が判断する事情だからです。この範囲を大きく超えることもあり得ます。また、財産分与とまとめて行われるケースでは、その内訳が微妙になることもあるため、明確に相場を算定することは難しくなります。交通事故の場合は、死亡したのかケガをしたのかによって相場が変化します。慰謝料は精神的な苦痛に対する賠償で損害賠償の一部を形成しますが、逸失利益は別の方で算定されます。慰謝料の計算には自賠責基準、弁護士基準、任意保険基準というものがあります。このうち弁護士基準は、裁判所が採用している基準最も相場が高くなります。自賠責基準は自賠責保険で保険金を計算する場合の基準です。任意保険基準は任意保険で計算する場合に採用されています。死亡慰謝料は自賠責基準では350万円ですが、弁護士基準では2000から2800万円、任意保険基準なら1100から2000万円が相場となります。